こだわりの遊び方(別名マゾプレイ)

どうせ好きなゲームをやるならこだわりを持って遊んでみよう。プレイ毎に違うこだわりを持って遊べば何回でも楽しめる(人もいる)。テキトウに書き連ねておいたので「ふーん」とか思ってみたりしてみて。

その1 仲魔にする悪魔は殺さない
お気に入りの悪魔と戦うのは心苦しい。きっと仲魔も喜ぶことだろう。
その2 仲魔になる悪魔は殺さない
殺すのはEVILだけで充分! NEUTRALには「交渉の余地あり」だby勇午。
その3 悪魔合体をしない
蛙を持っていけば何とかなりそうだ。踏んだとしてもドーピング(マッスルドリンコ)すれば…?
その4 交渉時、マッカを払わない
どうせMAGは使わないんだから、あげちゃえ。アイテムも、持ちきれなくなるくらいなら、おすそわけ。だが、マッカだけはやらん!別名守銭奴プレイ。
その5 交渉時、何もやらない
いあつしろ!ちかづけ! 悪魔なんぞには何もくれてやらん! だが気をつけろ。悪魔に脅しをかけるには、それなりの力の差というものが必要だ。別名物欲プレイ。
その6 一切交渉しない
出てくる奴はみんな敵! だがまあ、イベントとなれば話は別だ。
その7 常に2人で戦う
悪魔と共に戦うなんてまっぴらごめんだ。悪魔の手なんか借りずに、自らの手で運命を切り開いてやる。…できるもんなら、やってみな!
その8 戦闘はすべてオート
一応、Y.H.V.H.相手にオートで勝利できたので、可能性はある。
番外  裏技を使わない
裏技使って一度クリアしたら、おためしあれ。

catspotting近況:その1・その2・その3・番外はクリア、その4チャレンジ中

リソース情報

URL
http://ansuz.nrym.org/megami-tensei/2/note/play-style
作成日
2008年7月24日