北米版聖魔の光石"the Sacred Stones"入門

北米版聖魔の光石こと"the Sacred Stones"の紹介です。入手法や日本版との違いなどにも触れています。

公式webサイト

北米版ファイアーエムブレム
http://www.fire-emblem.com/
北米版聖魔の光石
http://www.fire-emblem.com/sacredstones/launch/

フラッシュが重い公式サイト。手が込んだサイトだと思われるかもしれませんが、蒼炎の方が数倍丁寧な作りです。聖魔の光石は外国でも不遇の作品です。
北米版ファイアーエムブレムは烈火の剣以降の作品が発売されていますので、それぞれの公式サイトで壁紙をDLできます。聖魔・蒼炎はキャラクター単体の壁紙も入手可能です。
あと、北米版でヴァルターのイラストが描き下ろされました。しかし、北米版公式攻略本にはイラストが載っていないので、彼の全身絵を拝めるのは公式サイトだけだと思われます。相変わらずリオンやヒーニアスのイラストはありません。リオンは最重要キャラクターの一人(というかラスボス)なのに。

入手方法

  1. 通販する
  2. 現地で購入する

普通は通販です。海外旅行のついでにという方は(2)でも。秋葉原でも直接手に入るらしいです。トラブルを避けたい方は日本国内で済ませるのが無難かもしれません。品切れの時は再入荷を待ちましょう。高校生並の英語力があり、気長に待てる方は海外通販もおすすめです。商品に偏りがありませんし、場合によってはこちらが安くつくこともあります。海外ゲームソフト通販の手引きについて書かれたサイトがあったので、併せて紹介します。
余談ですが、北米版GCソフトは日本版GCでプレイできません。遊ぶためには「GCフリーローダー」が必要です。GBAソフトは国内外関係なく遊べます。

海外ゲームソフト通販の手引き
YKLET'S PLAY OVERSEAS GAMES
海外ゲーム通販ショップ(国内)
海外ゲーム通販ショップ(国外)

ゲームソフト

本体ソフトと攻略本。
余計なものが入っていますが、ゲームソフトの箱はこんな形をしています。ソフトの箱の形が全く違います。日本版は長方形ですが、北米版は大きめの正方形です。他のGBAソフトも全部そうでした。北米版蒼炎のケースもやはり大きくPS2ソフトと同じくらいあります。
北米版取扱説明書のキャラクター紹介はサレフ、テティス、ミルラが消えています。王族+ゼトのみ。

攻略本

北米版唯一の公式攻略本。写真はエイリーク編12章のページです。
フルカラー130ページの本。システム説明、操作方法、ヴェルニの塔・ラグドゥ遺跡を含む全マップ攻略、キャラクター・ユニット・アイテム紹介等、オーソドックスな内容…ですが作りが荒いので「完全攻略」とは言い難い感じです。
あと、A4サイズくらいあって大きいです。余白部分にキャラクターのイラストを載せていますが、元々公式絵がとても少ないので(日本で公開されたのはエイリーク・エフラム・ゼト・ラーチェル・ヨシュア・テティス・サレフ・ミルラ・ユアン・ロス・アメリアのみ。北米版でヴァルター追加)、同じ絵が何度も出てきます。この一冊で10回くらいエイリークの全身絵を見ました。使い回しすぎです。

ゲーム変更点

固有名詞

クラス名の変更は「Great Lord(マスターロード)」、「Wyvern Lord(ドラゴンマスター)」、「Ranger(フォレストナイト)」など。
キャラクターの名前はスペルを含めて色々変わっていますが、「Innes(ヒーニアス)」、「Gerik(ジスト)」など日本版の原型をとどめていないものも。
一部国名のスペル及び地名も変わっています。
勿論アイテム名も変わっています。が、「Zanbato(斬馬刀)」はそのまま。

敵ユニット

日本版が簡単すぎるせいか、北米版は敵ユニットが微妙に強化されています。それでも難易度は低いですが。所持アイテム変更、レベル・パラメータ上昇、増援参戦ターンも早まっています。
具体的に言うと、エイリーク編14章のアイアスは間接攻撃可能、15章のケセルダとヴァルターのいる地形が砦になっている、20章アーヴが動くなど。勿論能力値は修正済みです。

プレイヤーユニット

劇的な変化を遂げたのはおそらくリオンです。北米版は人間ユニット最高の成長率を誇ります。ルーテ、モルダ、アメリア、ラーチェル、アスレイ、ユアンなどはパラメータ成長率低下、逆に上昇したのはゼト、ギリアム、ヒーニアス、マリカなど。
初期パラメータは日本版であまりに弱すぎたレナック、エイリーク編で異常な強さを誇るクーガーなどが修正されています。ヒーニアス、サレフ、フランツなども微妙に違います。その中で最もパラメータが修正されたのはレナック。日本版が弱すぎたせいでしょう。
所持アイテムが変わっているユニットもいます。

秘密の店

クリア前の秘密の店ではパラメータアップアイテムを購入出来ません。転職アイテムのみ購入可となっています。クリア後は普通にパラメータアップアイテムが買えます。

アイテム調整

ルナ必殺率低下、ヴィドフニル命中率上昇、ジークムント攻撃力低下など。意識しないと気づかないかもしれません。ほぼ叩き売りだった勇者シリーズも価格が上昇しています。

キャラクター

国が変われば言葉も変わります。なので、日本版と北米版の差が最も出ているのがテキストでしょう。北米の全年齢対象ゲームは一切アルコールの描写をしてはいけないのか、アルコール描写は全面カット、女性差別的な発言もカット、とそれなりに北米版らしさが出ています。一部台詞が修正・削除・追加されていたりして見比べると面白いかもしれません。ヒーニアス&ヴァネッサの後日談においてヴァネッサが愛人にならない、カイル&ルーテの後日談でカイルが子煩悩になる、などなど細かいところが違います。個人的にエイリークの変貌ぶりが気になります(北米版はやたら子どもっぽい)。

総評

ゲームそのものの微調整はあるものの、日本版のベタ移植という印象でした。日本版の誤字(例えばギリアムとガルシアの支援会話における「どうだ、ガルシア殿」など)をそのまま英訳しているので、日本版のミスは大抵引き継いでいます。ただ、日本版で性別不明だった司祭ラトナ(元は女神の名前)が北米版では男性と明言されたり、後日談の一部が変更されたりと小さな違いはたくさんあるので、比較してみるのもおもしろいでしょう。
英語レベルのはおそらく蒼炎の軌跡>烈火の剣>聖魔の光石。
マニア向けコレクターアイテムですが、見る機会があってかつ金銭的に余裕のある方は手にとってみてくださいと宣伝して終了です。

リソース情報

URI
http://ansuz.nrym.org/fire-emblem/the-sacred-stones/guide/
作成日
2006年8月15日